【JリーグYouTube・週間視聴回数ランキング(5/15~5/22)】横浜F・マリノスの●●動画が視聴回数をグンと伸ばす

【JリーグYouTube・週間視聴回数ランキング(5/15~5/22)】横浜F・マリノスの●●動画が視聴回数をグンと伸ばす

今週もこの時間がやってきました!

\Jリーグ視聴回数ランキング/

2020年5月15日~22日までにJリーグ全クラブからアップされた番組の視聴回数をチェック。

集計時点(5/22)で視聴回数1万回を超えていた番組+注目番組を解説付きでご紹介します!

参考までに現在のチャンネル登録者数はこちら。

そして、今週の視聴回数1万回超の番組は計4本。

先週も視聴回数1万回超えは同じく4本でしたので、同様の結果でありました。

非常事態宣言が解除されるにつれ外に出る時間も長くなったのか、YouTubeを視聴する時間も短くなっているのかもしれませんね・・・。

こうした状況でしたが、視聴回数1位の動画はなんと視聴回数7万回超え!

では、ランキングを見てみましょう~~

Best of Theerathon from 2019(ティーラトン)/横浜F・マリノス

Best of Theerathon from 2019(ティーラトン)

断トツの視聴回数を記録しているのが横浜F・マリノスのこの動画。

昨年末に出身国のタイでも国を代表するアスリートとして表彰を受けており、タイ本国でも注目が高いと思われます。

彼のタイでの人気と、タイトルを英語メインで付けていることで、タイから見ている人が多くなってるのが伺えます(コメント欄を見るとタイ語が並んでいます。)

そのコメント欄にも「タイトルにタイ語を入れたらもっと注目浴びたかも」というものがありました。

こうした現地ファンを意識したタイトル付けの工夫も視聴回数伸ばす要因になると感じました。

【鹿島アントラーズ】FAMÍLIA ANTLERS〜本山雅志・メッセージ&プレー集~/鹿島アントラーズ

【鹿島アントラーズ】FAMÍLIA ANTLERS〜本山雅志・メッセージ&プレー集~

冒頭には本山さん本人からのメッセージ付き!

同世代ということもあって本山さんは高校生の時から(雪の国立とかありました!)注目していましたので、この動画は個人的にも嬉しかったですね。

CAZI散歩 第十一話/ガンバ大阪

CAZI散歩 第十一話

もう毎週に視聴回数1万回を超えてくる常連番組ですね。

選手達の素を引き出せているのが視聴回数伸ばしている秘訣かな、と感じています。

【Jリーグの日記念 特別公開】レノファ山口 Jリーグへの道 2014年 JFLの闘いをふり返る!/レノファ山口

【Jリーグの日記念 特別公開】レノファ山口 Jリーグへの道 2014年 JFLの闘いをふり返る!

レノファ山口の視聴回数が伸びていますね。
Jリーグ紹介に向けたJFLでの戦いの軌跡をまとめたものが視聴回数1万回を超えました。


ここからは、クラブが普段出す動画に比べて、視聴が伸びていた注目番組をご紹介。

バラエティウィークエンド LIVE on YouTube 料理対決編/湘南ベルマーレ

バラエティウィークエンド LIVE on YouTube 料理対決編

生配信の企画ものは視聴回数伸びる傾向がありますね。

自宅のキッチンでガチな料理対決は、ファンにとってはたまらないコンテンツとなっています。

途中、生配信ならではのハプニングも!?(54分くらいです)

本当、ケガには気を付けてくださいね笑

【練習再開】 大分トリニータ 合同練習再開初日 2020/05/19 /トリニータチャンネル Trinita Channel【公式】/大分トリニータ

※LIVE配信済※ 大分トリニータ_全体練習_2020.05.23 /トリニータチャンネル Trinita Channel【公式】

皆がやはり見たいのは、選手が元気にサッカーをしている姿ですね。

練習初日の様子は気になりますので視聴回数伸びています。

5/13(水)松本山雅FC「WEBグッズ会議2020」/松本山雅

5/13(水)松本山雅FC「WEBグッズ会議2020」

ちょっと期間外となりますが、ご紹介。

クラブのグッズ販売、どんな感じに売れているか気になる方は必見の内容です。

冒頭にグッズ販売構成比や売上予算なども大っぴらに紹介しており、ガチにファンの方にアイディア求めたいんだな、というのが切実に伝わってくる配信となっていました。

[さいごに]Jクラブの配信状況は今後、どうなっていくか気になる。

5月の自粛期間、各クラブがYouTubeにかなり頑張っていました。

一方で国の自粛もほぼ解け、Jリーグがある日常が戻ってこようとしています。

選手にとっては練習がはじまり、そしてクラブも再開に向けての準備が忙しくなっていきます。

今後もYouTubeでの配信を積極的にやっていけるかどうか、もしくは自粛期間のみで終わってしまうのか。

Jリーグ各クラブの動画やSNSを使った情報発信がどういった潮目になっていくのかは、引き続き注目したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました